青汁効果で健康生活!

*

青汁はなぜ体にいいの?意外と知らない青汁の基礎知識

「青汁=健康に良い」というイメージを持っている人が多いかと思います。
しかしなぜ青汁が健康に良いのかというと、具体的に理由を知らない人がほとんどなのではないでしょうか?
今回はその「何となく」を解消する、青汁の基礎知識をご紹介します。

青汁ってそもそも何?原料と製造方法について

CMなどで目にする機会も多い青汁ですが、緑色でどろっとしているというイメージはあるものの、具体的にどんな材料でできているか知っていますか?
青汁は一般的には「緑葉野菜を絞った汁」のこと。
ケールや大麦若葉といった、ビタミンや食物繊維の豊富な葉物野菜をたくさん使って作られているのです。

製造方法はメーカーによって詳細が異なりますが、大まかには原料を細かく粉砕し、窄汁したものを粉末化することで顆粒タイプの青汁になっていることが多いようです。
緑葉野菜に多く含まれるビタミンを壊さないよう加熱処理に工夫をこらし、酵素などの体に良い成分を体に吸収しやすい形に加工してあるのです。

青汁の飲み方はお湯や水に溶かすだけでなく、牛乳やヨーグルトに混ぜたり、料理に使ったりと多様。
お茶を飲む感覚で毎日無理なく飲み続けられる健康法として、老若男女を問わず人気となっています。

青汁に含まれる栄養素

青汁には緑の濃い野菜がふんだんに使われているので、鉄分や葉酸、ポリフェノールといった栄養素も豊富です。
ほうれん草や明日葉など、青汁の原料としてもよく使われている野菜は普段の食事に摂り入れるのもオススメですが、一度に食べられる量には限度がありますね。
また、子供の場合は好き嫌いして食べないということもあります。

その点、青汁なら苦味や臭みを抑えて作られているので、飲みやすいという利点が。
さらに、野菜そのままでは大量に食べなくてはいけないのに対し、青汁ならコップ1杯でたくさんの栄養を摂ることも可能です。
悪天候によって野菜の値段が高騰している時期も、青汁なら価格を気にせずに済みます。
また、生野菜での摂取では体に吸収されにくい栄養素についても、原料を粉砕している青汁の場合は野菜の栄養素をぎゅっと搾って濃縮してあるので、効率よく摂取できるのです。

緑葉野菜にはアンチエイジング効果のある栄養もたっぷり含まれています。
ビタミンは美容に良いことで有名ですが、ミネラルやポリフェノールは体の老化を防いだり、抗酸化作用が豊富。
肌を美しく保つコラーゲンを作り出すもとになったり、肌のターンオーバーを促す効果のあるものもあります。

そのまま食べるだけでは吸収しにくかったり、料理することで壊れてしまう栄養素について、青汁なら手軽に効率良く摂取できるというわけなのです。

青汁を飲むとどんなメリットがあるの?

青汁は薬ではありません。
なので、飲んだらすぐに健康になるとか、翌日から肌がピチピチ…というわけにはいきません。
野菜を固形ではなく液体で摂取すると考えるのが一番です。

つまり、一日だけ飲んで終わり、というのではなく長期に渡って飲み続けることで、胃腸の調子を整えたり野菜不足を解消するというメリットがあるのです。

便秘がちな人は食物繊維によってお通じが良くなることもありますし、ビタミンによって肌がきれいになったと感じる人もいます。
効果のほどは個人差がありますが、緑葉野菜ならではの成分で飲む前より健康的になったと感じる人が多くなっています。

もちろん、青汁だけ飲んでいても十分な野菜を摂ったことにはなりません。
毎日の食事にプラスすることで、より栄養バランスが整い、体の代謝を良くしたり老化を防ぐことにつながるのが最大のメリットなのです。


Top