青汁効果で健康生活!

60種類以上の栄養を含む「スピルリナ」のパワーがすごい!

スピルリナ
「スピルリナ」はらせん状の形が特徴的な藻の仲間です。

35億年以上も昔から地球上に存在しているといわれていて、現在でも中南米やアフリカの湖に自生しています。

スピルリナには人体に必要な栄養素が全て含まれており、まさに完全栄養食ともいえる存在なのです。そんなスピルリナは、青汁と一緒に飲むのも効果的です。

驚くほど栄養豊富なスピルリナとはどんなもの?

スピルリナは、自生している地域では古くから栄養源として現地の人々に珍重されてきました。スピルリナにはビタミンBやカリウム、カルシウム、マグネシウムが多く含まれていて、良質なたんぱく質やベータカロチンも豊富です。

同じ緑藻類の仲間である「クロレラ」は健康食品の材料として有名ですが、スピルリナにはクロレラ以上にたくさんの栄養が詰まっているのです。また、スピルリナには「フィコシアニン」という特有の色素があり、免疫を高めたり、抗炎症・抗酸化といった作用があります。

「フィコシアニン」には脂肪の消化を助ける効果もあるため、ダイエットにも有効です。

スピルリナは何かとクロレラと比較されることが多くありますが、クロレラは人によっては消化不良を起こしやすく、その日の体調や食事の内容によっては胃腸の調子を崩してしまうこともあります。

これに対して、スピルリナはクロレラよりも細胞壁が薄いため、消化が良いという特徴があります。青汁を飲むとお腹がゆるくなってしまう人でも、スピルリナ入り青汁なら安心です。

スピルリナ青汁を選ぶときのポイント

スピルリナ
スピルリナは生の状態で手に入れることはとても困難です。サプリメントや粉末状になっているものなら多くあり、目的やライフスタイルに合ったスピルリナ商品を選ぶと良いでしょう。スピルリナ入りの青汁を購入する際は、飲み方や配合量に注目してみてはいかがでしょうか。

例えばホットでも飲めるかどうか、味は飲みやすく調整されているかどうか、コスト面はどうかなど、自分に合った青汁商品を選ぶことをおすすめします。また、スピルリナの他にもいろいろな食材がプラスされている青汁も登場しています。

乳酸菌が入っているものや、酵素が配合されているものなど、スピルリナだけでなくより多くの栄養素が摂れる青汁も市販されています。

青汁は粉末状に加工されている商品が主流となっていますが、製造過程の中で行われている加熱処理の方法や時間について調べることもおすすめします。加熱処理による栄養素の破壊を極力抑えて作られている青汁なら、より効果的に栄養素を摂取することができます。

原料に使われているものはもちろん、製造工程にも着目して青汁を選んでみてはいかがでしょう。青汁選びで迷ったときは、ぜひ今回ご紹介したポイントに気をつけて商品選びをしてみてください。

こどもバナナ青汁

冷え訴求LP