青汁効果で健康生活!

毎日の食事に取り入れたい!青汁のオススメ健康メニュー

料理
青汁特有の匂いや味が苦手、という人は少なくありません。しかし健康のためには積極的に摂るのがオススメの青汁。そこで活用したいのが青汁を使ったレシピ。料理やお菓子作りに活用することで、味が気にならず毎日楽しく摂取することができるのです。

意外な料理とも相性◎!青汁入り定番メニュー

いつも同じようなおかずが続いてマンネリ。野菜不足だから効率よく野菜を摂りたい。

そんな風に思っている人にオススメなのが、食卓の定番メニューに青汁をプラスする方法。子供から大人まで大満足の青汁メニューをご紹介します。

青汁うどん

青汁うどん
うどんは意外と簡単に手作りできるメニューだって知っていますか?

強力粉とぬるま湯、粉末タイプの青汁を合わせて練りこんでいくと、簡単に手打ちうどんの生地ができあがります。

生地はビニール袋などに入れ、しっかりと足で踏んでコシを出しましょう。子供に踏ませると食育にもなり、大喜びすること間違いなしです。

生地ができあがったら、好みの太さに切り分けてゆでるだけ。簡単なのに食べ応えがあり、できたてのうどんのおいしさは格別です。青汁の緑が見た目にも爽やかで、食欲をそそる仕上がりに。

青汁味噌汁

味噌汁
日本人の食卓に欠かせない味噌汁にも、青汁は活用できます。まずは具ナシで、出汁と味噌と粉末青汁だけで作ってみましょう。

ポイントは青汁の粉が沈殿しないよう、しっかりかき混ぜて飲むこと。青汁の臭みが味噌の風味で緩和され、意外と飲みやすくなるのでオススメです。

慣れてきたら、いろいろな具を試してみましょう。

オススメは根菜類。甘味のある物を選ぶと、子供にも食べやすい味わいになります。

お菓子作りにも使える、青汁の意外な魅力

焼き菓子

青汁焼き菓子
青臭いイメージのある青汁ですが、お菓子作りには意外と役立ちます。

特に、パウンドケーキやドーナツなどの焼き菓子に使うと、青汁独特の匂いが弱くなり、苦味も気にならなくなります。バターやバニラエッセンスの香りとの相性も良いので、ぜひ試してみて下さい。

青汁プリン

青汁プリン
液体ならではの特徴を活かして、プリンに青汁を入れてみませんか?

ほんのりした苦味と、ミルクの甘さが絶妙のバランスです。

作り方は簡単。

牛乳・砂糖・生クリームを温めながら混ぜ合わせ、青汁の粉末を加えます。水に溶かしておいたゼラチンを加え、よく混ぜてから粗熱を取り、冷蔵庫で冷やし固めるだけです。

青汁パンケーキ

青汁パンケーキ
今流行中のパンケーキにだって、青汁を入れてしまいましょう。鮮やかな緑の、可愛いパンケーキができあがります。優しい甘さで小さな子供にも食べやすく、野菜の栄養も摂れるのでおやつにもオススメのメニューです。

いかがでしたか?

青汁はそのまま飲むとクセがありますが、料理やお菓子作りに使うとちょっとした隠し味になり、意外なおいしさを発見できます。青汁は苦手という人も、今回ご紹介したようなメニューなら食べやすいので安心。

毎日の食卓に、ぜひ青汁メニューを登場させてみませんか?