女性必見の青汁効果

ダイエットのお供にぴったり!青汁の隠れたパワー

ダイエット
ヘルシーで栄養たっぷりの青汁は、ダイエットにも好相性。

日々のダイエットに上手に取り入れることで、より痩せやすい体作りをすることができます。

ここでは、ダイエットにも効果的な青汁の隠れたパワーをご紹介します。

青汁のダイエット効果とは

緑葉野菜の利用をぎゅっと濃縮した青汁は、食物繊維が豊富です。

食物繊維は胃腸の中を掃除し、宿便や溜まった老廃物を排出しやすくしてくれる働きがあります。便秘がちな人も、青汁の食物繊維やビタミンで排便が促され、いつもぽっこりしていた下腹がすっきりすることも。

また、太りやすい体質の人は基礎代謝が落ち、脂肪や老廃物を溜め込みやすい体になっていることが多くあります。

青汁にはポリフェノールやメラトニンといった抗酸化作用物質も多く含まれ、体の老化を防ぐ効果があるのですが、これが代謝を良くしたり体内の毒素を外へ出したりと、ダイエット効果にもつながるのです。

新鮮な野菜や果物の栄養を体に吸収しやすい液体で摂ることができるので、体にかかる負担も少なく、運動によるダイエットでの疲労回復にも役立ちます。

青汁を飲むのに最も適したタイミングとは

青汁はいつ飲んでもいいのですが、特にオススメしたいのは食前。

お腹が空いているとつい食べ過ぎてしまうこともありますが、食前に青汁を飲んでおけば満腹感を得やすく食べ過ぎを防ぐことができます。

また、いきなり炭水化物や油分の多いものを食べると血糖値が急に上がって太りやすくなるのですが、青汁を飲んでおくと血糖値の上がり方も緩やかになり、太りにくい食べ方となります。食前以外では、朝の青汁もオススメ。

朝は眠くてなかなか頭がしゃきっとしない人は特に、朝一番の青汁を習慣づけてはいかがでしょう?

朝は体がまだ起きていないので、固形物の食事をしっかり摂るのは負担になります。起きてすぐは食欲が湧かないという人も少なくありません。

そこで青汁を飲むことにすれば、体に負担をかけずに水分と栄養をたっぷり摂ることができ、体を優しく目覚めさせることができるのです。朝一番の青汁はお通じを良くする効果も期待でき、便秘がちな女性にとっても嬉しい飲み物。

牛乳や豆乳と混ぜたり、ヨーグルトと合わせたりすれば、カルシウムやイソフラボン等の栄養もプラスできます。

ジュースの替わりに青汁を

青汁
仕事の休憩時間に、つい甘い物が食べたくなることもありますね。疲れた体を癒すため、飲み物にも甘味がほしくなることも。

しかし、おやつタイムの飲み物は甘い物ではなく、青汁にしてはいかがでしょう?できれば、おやつを食べる前に飲むのがベストです。

飲み応えのある青汁で満足感を得やすくしておけば、おやつも少量で済みます。また、苦味のある青汁の後なら甘味を感じやすくなり、いつものおやつでもより甘さを楽しめて食べ過ぎを防ぐことができます。おやつに食事に、さまざまなシーンで青汁は大活躍。

多くの現代人が抱えている「野菜不足」「水分不足」という問題を、青汁なら1杯で解決できてしまうのです。ダイエットを始めるときは、ぜひ青汁も一緒に始めてみてはいかがでしょう?

めっちゃたっぷり フルーツ青汁

美感青汁

人気記事一覧

1

健康のために愛飲している人も多い青汁。 しかし粉末を水に溶かしたり、液体のまま持ち歩かないといけなかったり、携帯するには不便な側面もありました。 いつでもどこでも、青汁を飲みたい、という人に。または、 ...

2

せっかく毎日青汁を飲んでいても、なにげない習慣が青汁の効果を減らしてしまっているかもしれません。 食事や日常生活で気をつけたい、青汁と相性の悪い組み合わせにてついてご紹介します。 青汁とタンニン・カテ ...

3

「桑の葉(桑)」は、日本各地に自生するクワ科の落葉樹です。 古くから蚕の餌として使われてきた他、お茶として飲み親しまれてきた植物でもあります。英名は「Mulberry(マルベリー)」で、マルベリーティ ...

4

「若い頃はいくら食べても太らなかったのに、最近は食べる量を減らしても痩せない」 「ダイエットにいつも失敗する」 そんなあなたは、もしかすると痩せにくい体質になっているのかもしれません。不規則な食事や栄 ...

5

夕方に葉を摘んでも翌日にはまた葉が生えてくる、ということからその名がついたとされる「明日葉」。 海に近い砂地などの過酷な環境でも生育するほど、生命力の強い植物としても知られています。 明日葉は栄養バラ ...

-女性必見の青汁効果

Copyright© 青汁効果で健康生活! , 2017 All Rights Reserved.