青汁効果で健康生活!

ストレスに負けない体を作るには「長命草」入り青汁がおすすめ!

長命草
ひと口に「青汁」といっても、使われている原料はさまざまな種類があります。メーカーや商品ごとに個性が異なり、含まれている栄養素や味は青汁ごとに違うといっても過言ではありません。

多くの原料の中でも、良く使われているものの一つに「長命草」があります。

普段目にする機会は少ない植物ですが、長命草は古くから民間薬としても用いられてきたほど健康に良い食材なのです。

ここでは、長命草の持つさまざまな効能と、長命草入り青汁の特徴についてじっくりご紹介していきたいと思います。

長命草の持つ、健康・長寿に効く効果とは

長命草は、沖縄県をはじめとする温暖な地域に自生するセリ科の植物です。「サクナ」や「牡丹防風(ぼたんぼうふう)」と呼ばれることもあります。沖縄県では身近な食材として日常的に使われており、天ぷらやおひたしにして食べるほか、お茶としても親しまれています。

長命草はとても栄養価の高い植物で、「一株食べると一日長生きする」という言い伝えもあるほどです。ビタミンやカロテン、ミネラル類が多く含まれている他、ポリフェノールも豊富なため、高い抗酸化作用も期待できます。

また、長命草に含まれている「プテリキシン」という成分は肥満予防に効果があるということもわかっています。「プテリキシン」は細胞に直接働きかけ、中性脂肪の合成を抑制してくれるというのです。

さらに、長命草を食べることで排尿促進や血流改善作用も得られるため、不規則な生活を送っている人の健康改善や、加齢などによる残尿感や夜間頻尿といった症状を和らげてくれる効果もあります。

血流改善により、冷えやむくみの改善も期待できるため、長命草は女性が積極的に取りたい食材だともいえます。

長命草入り青汁は「ルチン」「クロロゲン酸」に注目

長寿のイメージ画像
その高い栄養価から、長命草は沖縄県民の健康と長寿の一因を担っていると考えられています。そんな長命草が入っている青汁は、一般的な青汁よりも体に良い影響を与えてくれそうです。

長命草に含まれる「ルチン」や「クロロゲン酸」などのポリフェノールは、体内の活性酸素を除去し、体の酸化を防いでくれます。

また長命草にはビタミン・ミネラル・カルシウムも多く含まれているので、外的なストレスから肌を守り、美しくハリのある肌に導いてくれる上、骨も丈夫にして病気や怪我に強い体にしてくれるのです。

沖縄県のように日差しが強く肌へのストレスが多い環境にいる人や、体の内側から若々しくいたいという人には、長命草の入った青汁が最適です。沖縄の健康と長寿の秘訣に近づきたい人は、ぜひ長命草入り青汁を飲んでみてはいかがでしょう。

毎日の習慣に長命草入り青汁をプラスすることで、ストレスに負けない体作りが実現します。