青汁効果で健康生活!

スキンケア効果の高い青汁は、「大麦若葉」が入っています!

大麦若葉
現在市販されている青汁の多くは、原料に「大麦若葉」を使用しています。

大麦若葉というと、「何となく麦の仲間かも」と思う人が多いかもしれません。実際は、大麦の若い葉を大麦若葉という風に呼んでいることがほとんどです。

それでは、大麦若葉にはどんな効果やメリットがあるのでしょう。知っているようで意外と知らない、その実態についてご紹介します。

大麦若葉の特徴と効果

大麦若葉はイネ科の植物で、麦茶やビールの原材料として有名です。大麦が稲穂を付ける前の若い葉には豊富な栄養が詰まっていることがわかっており、緑黄色野菜としてその高い栄養価に注目が集まっているのです。

大麦は日本では古くから主食として食べられてきたという歴史があり、日本人にとっては馴染み深い食材の一つです。ビタミンBが豊富に含まれており、特に若葉には食物繊維が他の野菜より圧倒的に多く含まれています。

さらに「SOD酵素」という老化防止に役立つ酵素も含まれていることがわかっていて、健康ドリンクである青汁の材料としてはうってつけの存在です。また、大麦若葉には葉酸やポリフェノール、鉄分も含まれています。

このことから、特に大人の女性にとって嬉しい栄養素が豊富な食材だともいえます。

大麦若葉入り青汁がおすすめな人はこんな人

oomugiwakaba
緑黄色野菜の中でも特に貴重な栄養素が豊富な大麦若葉は、効率良く摂取することで体内の老化を防ぎ、老廃物の排出を促してくれる効果が期待できます。

また、大麦若葉に含まれるビタミンBが体内にエネルギーを供給するための重要な役割を果たすことから、大麦若葉自体がダイエットを成功させるために有効な食材だともいわれています。

しかし大麦若葉は食材として市販されていることがほとんどないので、そのまま食事などに取り入れることが難しいというデメリットがあります。そこでおすすめしたいのが、青汁を選ぶときは大麦若葉を原料に使っている商品を選ぶようにするということです。

とはいっても流通している青汁の約半分は大麦若葉を原料に使っているといわれているため、他の商品と何が違うかを見極めるのはなかなか大変です。

もし青汁選びに迷ったときは、ぜひ「国産の大麦若葉」を使用していて、添加物や保存料を入れていないタイプの青汁を選ぶようにしてください。中には「大麦若葉だけ」を使って作られた青汁もあるので、大麦の効果を試したい人にはおすすめです。

ひと口に大麦若葉といっても、同じ国産の中でも産地や加工方法により青汁の味や栄養が変わってきます。熊本県の阿蘇は大麦若葉の原産地として名高く、品質も良いことで有名です。

より質の高い大麦若葉を使った青汁を飲んでみたい人は、産地で青汁を選んでみるのも良いかもしれませんね。

おいしい青汁